×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファッション雑誌は定期購読

ファッション雑誌は定期購読していくといいんですよ。脱オタクファッションを目指す人が立ち読みだけで済ませてしまうのはいけないと思いますからす。なので、月に最低2〜3冊は購入するようにしてくださいね。そして、隅から隅まで何度も読み返して、「実際に使える選択肢が現在どの程度あるのか」などを把握する事が大事なポイントなんですよ。

お洒落な人とは、自分の個性を知っていて、それを上手く表現できる服装を身につけることができる人のことなのです。なので、自分の顔や体系などはそう簡単にかえれませんが、服装は簡単に変えることができるのです。ですから、自分に合った服装を見つける事ができれば、1日でかっこよくなることも出来てしまうんですよ。そしてまずは、雑誌に掲載されている最大公約数的 (たくさんの方がしている) 服装や、アパレル店員の服装をマネしていくといいと思うのです。そして、こういう方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を 「没個性的でダサい」 と考える人もいると思うんですが、真似によってある程度一般的なオシャレ感覚をやしなった後でないと、オリジナルの路線を開拓することなんて到底不可能だと思うのです。

なので、「とりあえずの見習い期間」 として考えてもらったら良いと思うのですよ。そして、取り合えず男女の服をそろえているセレクトショップに行くんですね。なかでも、ビームスとかユナイテッドアローズとかが知られているところだと言えるのです。そして、そこでディスプレイされているマネキンのコーディネイトの中で、あなたが一番気に入ったものを選べばよいのですよ。

有名なセレクトショップのコーディネイトですから大抵はかなりセンスが良いはずだといわれているのです。それに少し流行を取り入れていたりすると、すごくおしゃれに見えるのですよ。そして、細かいところまでにこだわっているところが全体的にこだわっているような印象につながるのです。そして、どんなに素敵な服を着ていてもシャツやスカート、靴(小堺一機さんは百万円のクロコダイル皮製のを持っているんだとか)の組み合わせによって印象がかなり違ってくるものなのです。なので、まず始めにファッションの基本から勉強していくといいと思うのです。